利用規約

業務委託契約その他個別の合意が存在し、当該契約等と本規約の各条項との間で矛盾抵 触する部分については、本規約よりも当該契約等の方が優先します。

1. 洗濯代行サービスの利用

(1) 洗濯代行サービスは、専用ランドリーバッグでのみ、そのサービスを受け付けるこ とができます。
(2) 洗濯代行サービスは、専用ランドリーバッグに詰め放題となりますが、バッグの許 容量を超えて(バッグの破損・ファスナーが閉まっていない状態など)の受付はでき ません。
(3) 万が一、専用ランドリーバッグを破損、紛失してしまった場合、サービス継続利用 のために新しいバッグをお客様負担にて購入していただくことがございます。
(4) 専用ランドリーバッグには、一般家庭用洗濯・乾燥機で洗濯・乾燥できない物品を 入れないでください。
(5) 洗濯代行サービスでお預かりできない商品は、次のとおりです。
・皮革、絹製品
・純毛の毛布、電気毛布、ロングパイル(毛足10o以上)の毛布、カーペットカバー
・マット類などの厚手の敷物
・ペットの毛が付着した敷物
・汚物が付着した衣類・和服、和装小物・防水性のマット、シート、衣類など
・ウールの衣類、ウールの毛布・のり付けした衣類
・「タンブラー乾燥はお避けください」と表示のある衣類
・吊り干し、平干し及びドライ表示のあるもの
・コーティング加工、樹脂加工(接着剤を使用したもの)、エンボス加工(凸凹模様) をした衣類
・極端な縮み、色落ちがする衣類
・消毒が必要な衣類
上記の物品を専用ランドリーバッグに入れられ、当店で洗濯乾燥した結果、物品に何 らかの瑕疵が発生した場合には、下記2.及び3.の「賠償制度」は適用されません。
(6) 洗濯ネット使用の表示がある衣類は、必ず専用「洗濯ネット」に入れてご利用くだ さい。
(7) 集配サービスご利用で万一、上記(5)に該当する品、または一般家庭用洗濯・乾 燥機で洗濯・乾燥できない物品を専用ランドリーバッグに入れられた場合、会員様の 送料実費ご負担にて返却いたします。

2. 賠償制度の制定

クリーニング事故原因には、
(1) クリーニング方法及び保管・取扱等に過失がある場合
(2) アパレルメーカーの企画・製造等に過失がある場合
(3) お客様の着用及び保管等に過失がある場合
の三つに大別されます。
その前提を踏まえ、「賠償制度」ここに制定します。

3. 賠償制度の詳細

(1) 賠償制度が適用されるのは、上記2.クリーニング事故原因の(1)の場合に該当 するものに限ります。
(2) クリーニング方法及び保管・取扱等に過失がある場合とは、以下のとおりです。
・クリーニング洗浄及び乾燥工程による損傷
・不明及び紛失
・その他の原因による損傷
・当社での保管中の損傷
・当社が集配途中の損傷
(3) 上記2.(2)アパレルメーカーの企画・製造等に過失がある場合とは、以下のとおりです。
・クリーニング工程の異なる素材で企画・製造された衣類(天然繊維と皮革等)
・経年変化(劣化)の著しい素材で企画・製造された衣類(ポリウレタン加工商品等)
・染色堅牢度や退色堅牢度の弱い生地で企画・製造された衣類
・熱セット性が弱い生地で企画・製造された衣類(綿・麻等に対するプリーツ加工及びワッシャー加工等)
・通常のクリーニングに耐えない素材で企画・製造された衣類(プリント脱落・付属品の破損・ボタン、スパンコール、ビーズ等の欠落及び破損を含む)
・縫製撚糸のあまさによるほつれ、ほころび
・その他企画及び製造等に起因する事柄
(4) 上記2.(3)お客様の着用及び保管等に過失がある場合とは、以下のとおりです。
・汗や日光、蛍光灯による変退色や脱色
・化学薬品などによる変退色や脱色(整髪剤・パーマ液・バッテリー液・台所及び風呂用洗剤・洗濯洗剤等の付着によるもの)
・着用時に発生した破れ・糸引き等
・ボタンの欠落及び破損
・クリーニング引取り後のお客様保管中の損傷
・その他これらに類するお客様による事故
・素材等の経年変化(劣化)によるもの
(5) 賠償制度事故賠償額の範囲と違約損害金は、以下のとおりです。
・購入後1年未満の場合 購入価格の100%〜80%程度
・購入後2年未満の場合 購入価格の80%〜60%程度
・購入後3年未満の場合 購入価格の60%〜50%程度
・購入後4年以上については、購入価格の30%以下
・洗濯代行サービスにおける紛失・盗難・損壊などの事故については、1袋あたり最高3万円の範囲内で補償させていただきます。なお、輸送時の事故につきましては各運送会社の運送約款によります。
(6) 上記の賠償条件は、以下のとおりです。
・当該商品お届け後2週間以内に判明し、お申し出いただいた場合、または当社が事故扱いと認めた場合に限ります。
※2週間以上経過したものは、瑕疵部分を含めて事故賠償制度の対象となりません。予めご了承ください。
・お預かり品と証明できることを前提とします。
・購入価格については、購入時の領収証・レシートを必要とします。それらが紛失、廃棄処分されている場合は、調査のうえ決定します。
※時価を超えての賠償には応じられませんので、ご注意ください。
・当該賠償弁償品の返却及びクリーニング代金その他の費用の返却はできません。ただし、当社が別途に返却・返品を認める場合は、その限りではありません。
・アパレルメーカーの責務により取り付けられた洗濯表示または組成表示によってクリーニング事故が発生した場合、当社がクリーニング利用者に代わって、責任を負うべきアパレルメーカーと事故賠償交渉をすることができます。
・お客様の着用時に原因があると判明された事故については、事故賠償制度の対象になりませんのでご注意ください。

4. 免責事項

(1) 台風・地震などの自然災害に起因する事故については、賠償対象にはなりません。
(2) 主観的価値である無形的損害賠償や精神的慰謝料の請求には応じられません。
(3) インポート商品等の衣文化の違いによる事故についての賠償も時価の範囲を超える ことはありません。
(4) 当社側に故意または重大な過失があった場合には、民法の規定によります。
(5) 本制度に定める以外に発生する諸問題・事故については、一般的信義誠実の原則に より解決を図るものとします。

以上